<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年もあっという間の一年でした。


ご来店くださった皆さま、


このつたないブログをご覧いただいた皆さま、


どうもありがとうございました。


皆さまのおかげで


とても楽しく充実した一年となりました。


けれど、まだまだやるべきことがある、と反省も…。


皆さまにのんびり楽しく過ごしていただけるよう、


これからも努めますので、


どうぞ来年もよろしくお願い致します‼
[PR]
探検部、さっそく2回目に参加してきました(^^)


↓ 数鹿流ヶ滝(すがるがたき)

  阿蘇大橋から見えている滝です。

  変わった名前の滝ですが、由来は二説あるそうで、一説では、健磐龍命がカルデラ湖を蹴破って湖水を流した際に、一緒に数匹の鹿も流れてしまったためにこの名になった。
  もう一説では、鎌倉時代にこの辺りを支配していた阿蘇氏が滝の周辺で巻狩を行い、追いつめられた鹿が数匹滝から落ちて流されたことからこの名になった、ということです。
f0209394_2362147.jpg



↓ 立野峡谷の柱状節理

  長陽大橋から見えています。

  柱状節理とは溶岩が固まって冷える時、溶岩の体積が縮むためにできた規則的な割れ目(節理)が岩体に発達し、柱状になったもの。
  今年の大雨で土で覆われていた部分が剥がれ落ち、より多くの柱状節理が見られるようになったそうです。ただ、道がふさがれ、大橋の上からしか見られなくなりました。
f0209394_23255534.jpg

f0209394_2329452.jpg



↓ 北向山原生林

  長陽大橋を挟んで反対側には国の天然記念物に指定されている原生林があります。太古から続く手つかずの森が残っているなんて、何だか不思議な気がします。

  トロッコ列車で通る赤い鉄橋もこの辺りから見えますよ(^^)写真は撮りませんでしたが…。
f0209394_2350979.jpg



↓ 鮎返りの滝

  原生林の谷際にあり、落差が40mほどの滝です。小山旅館さんから見えるのでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、大雨で形が少し変わってしまったそうです。
f0209394_044864.jpg

f0209394_061391.jpg



↓ 十六羅漢

  旧久木野村の外輪山には羅漢岩と呼ばれる異様な形の大きな岩が見られる場所があります。その中腹に洞窟があり、十六の羅漢像が安置されています。
  その先には展望台が作られています。
f0209394_0222937.jpg

f0209394_0244895.jpg



↓ 卯添(うぞえ)阿蘇神社

  長陽駅の近くにひっそりとたたずむ神社で、境内には推定樹齢400年というケヤキとヒノキの大木があります。
f0209394_0364677.jpg
f0209394_0374528.jpg



↓ 久木野層

  卯添神社の目と鼻の先という場所に、久木野層があります。
  この層からわかるのは、阿蘇カルデラに3回湖が出現したということです。湖の底で堆積したと考えられる珪藻の化石などが見つかり、その証拠となっています。
f0209394_046545.jpg



↓ 西南の役公園

  西南の役の慰霊碑などがいくつか建てられています。
f0209394_0512799.jpg



↓ 南阿蘇桜公園

  西南の役公園から左の方へ少し上がっていくと、新しくできた公園があります。植えて間もない小さな桜がたくさんあり、上方には、今年有形文化財に登録された京大の火山研究所の建物が見えます。
  また、今日はタイミングよくきれいな夕日も見ることができました。
f0209394_0584366.jpg
f0209394_0592521.jpg

[PR]
お知らせが遅くなってしまって大変申し訳ありません。


今月の営業は25日(火)までとさせていただきます。


新年1月は5日(土)からとさせていただく予定です。


ということで、


今年もあと5日間の営業ということになります。


みなさま、もう少し、よろしくお願い致します!!
[PR]
今日も珍しいお客さまが…。


と言っても、当店の隣のソバ畑の跡にたたずんでおられたのですが…。


f0209394_12403676.jpg



何さんでしょうかね。


知識がないのでわからないのですが…。


けっこう離れているのですが、かなり大きそうです。


渡り鳥かな?
[PR]
…というものに、初めて参加させていただきました。


以前(8/23)ご紹介した「南阿蘇えほんのくに」の地図にたくさん載っている史跡などを、


詳しい方に由来などを伺いながらめぐるというものです。


今日はそのほんの一部ですが、探検できてとても面白かったです(^^)


10月にできたばかりの探検部だそうですが、もう一回りされた方もいるとのこと。


私も早く制覇して、お客さまにご紹介できるぐらい勉強しなければ!



↓ 幅・津留遺跡

  平成18年、道路工事の際に発掘された1900年前の遺跡で、弥生時代の住居跡や多くの土器などが見つかっています。

  現在も発掘調査中ですが、職員の方がお話を聞かせてくれます。かなり興味深いお話でしたよ。
f0209394_013314.jpg



↓ 孝女白菊の墓

  西南戦争の頃、行方不明になった父を捜しに旅に出た白菊という少女の物語があるのですが、そのモデルになったと言われる妙喜という方のお墓があります。
f0209394_23554571.jpg



↓ 柳の大石(阿蘇大明神御足跡石)

  江戸時代に編纂された肥後国誌をもとに、平成11年、地元有志が掘削したところ、言い伝え通りの大石が姿を現したそうです。
f0209394_05577.jpg



↓ 中郷天満宮

  畑の中にポツンとたたずむ小さな天満宮ですが、見晴らしはバツグン!
f0209394_011061.jpg

f0209394_0121834.jpg

f0209394_013563.jpg



↓ 市下神社(八面社)

  こちらには神社合祀の際に近隣から集めてこられた石などが置かれていました。
f0209394_0304875.jpg



↓ 無量寺阿弥陀堂

  台座からの高さが3.3mもある大きな阿弥陀坐像があります。

  この辺りは鎌倉時代、北条氏の支配下にあったのでこんなに立派な阿弥陀坐像が残ったのでは…と言われているそうです。 

  また、こちらも眺めの素晴らしい場所にあります。


↓ 矢村社(高森阿蘇神社)と御矢石

  神武天皇の皇子、健磐龍命(たけいわたつのみこと)が九州に下りた際、阿蘇山頂から南北へそれぞれ矢を放ち、北の矢が刺さった場所は宮地の阿蘇神社となり、南の矢はこの地の大石(御矢石)に当たったので、ここに矢村社が建てられたそうです。
f0209394_0385345.jpg

f0209394_0414529.jpg

f0209394_059359.jpg




今回はお話を聞くのに夢中で、あまり写真を撮れませんでした。


ご興味のある方は、是非ご自分の目で確かめてみてくださいね(^^)


「南阿蘇えほんのくに」の地図に主な史跡の説明も書かれていますので、


そちらも参考になりますよ♪
[PR]

今朝起きたら雪が降っていて、辺り一面真っ白になっていました。


阿蘇山頂はすでに何度か降っていますが、こちらでは初雪になりました。

f0209394_20472877.jpg
f0209394_2048497.jpg



その後、降ったり晴れたり…。


晴天の下で雪が積もって、何だか変な感じ…。

f0209394_20555315.jpg
f0209394_20564922.jpg

[PR]

12月に入りました。


季節はどんどん進んでいますね…。


今日は「気まぐれSweets」としてサツマイモ入りのぜんざいを作りました!

f0209394_228990.jpg


寒くなると食べたくなりますね~(^^)


甘さは控えめで、小豆の味がしっかりと残っています。


どうぞご賞味ください♪
[PR]